1. TOP
  2. 麻疹(はしか)、関空でアウトブレイク。2回予防接種の真実!

麻疹(はしか)、関空でアウトブレイク。2回予防接種の真実!

 2016/09/06 Medical news 子育て
この記事は約 6 分で読めます。
2016年9月4日に、大阪府から、関西国際空港の麻疹アウトブレイク(集団感染)の発表がありました。
新たに3人の感染が確認され、患者さんの中に、ドクターや救急隊員さんも含まれていて、従業員以外の感染は初めてとなります。
8月以降、麻疹アウトブレイク(集団感染)患者さんは、34人になっています。

そこで、麻疹(はしか)の原因や症状、ワクチンの予防接種についてお話します。

Sponsored Link

麻疹(はしか)って何?

生後5~6ヶ月以降から6歳までの子どもが罹りやすいウイルス性疾患です。

麻疹(はしか)の原因は?

麻疹ウイルスに感染することが原因です。
咳やくしゃみによってうつる空気感染(飛沫感染)で広がります。
しかし、1m以上離れていても感染することもありますから、注意が必要です。

麻疹の症状は?

感染後、10~12日間の潜伏期間があります。この間、風邪と同じような症状、発熱、倦怠感があり、その後、咳、くしゃみ、鼻水がでます。
症状が進行すると、目の充血、目やに、そしてまぶしがるようになります。

発熱後2日くらいで、口の中に、コプリック斑という白い斑点が現れます。
発熱は3日間くらい続き、そして一度、熱は下がり、また発熱し、同時に発疹がでます。
発疹は、盛り上がり、鮮やかな赤い色で、かゆみはありません。
耳の後ろから始まり、首、顔、胸、手足の順番で全身に広がります。
だいたい7~10日で症状は治まります。
  • 発熱:100%
  • 咳:92.9%
  • 鼻水と発疹:57.1%
  • コプリック斑:50%
  • 目の充血:21.4%
と千葉県が2016年の第1週から第34週までの統計を出しています。

麻疹の合併症

気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎があります。

  • 中耳炎:100人中に7~9人
  • 肺炎:100人中に1~6人
  • 脳炎:1,000人中に2人)
  • 亜急性硬化性全脳炎(SSPE):5万人に1人
  • 死亡:数千人に1人
が発症すると言われています。

麻疹の治療は?

麻疹ウイルスの感染症である麻疹には、根本的な治療薬、治療法はありません。対処療法として、解熱剤や鎮咳剤などがあります。

風疹(3日はしか)って何?

風疹は、風疹ウイルスによる感染症で、小学校から思春期までの子どもが罹りやすい病気です。麻疹と風疹は、はしかと3日はしかと言われるため、混同しやすいですが、違うウイルス感染です。

通常は、軽い風邪のような症状で、2~3週間の潜伏期間を経て、発症し、3日~5日くらいの安静で自然治癒します。

麻疹・風疹(MR)ワクチンの予防接種を2回する?

1988年までは、「ジフテリア、百日咳、破傷風」を予防する目的で、三種混合(DPT)ワクチンが接種されてきました。
その後、1989年から「麻疹(はしか)、おたふくかぜ、風疹」を予防する目的で、新三種混合(MMR)ワクチンが接種されるようになりました。

新三種混合(MMR)ワクチンは、法律で、1~6歳の間に受けるように義務付けられましたが、おたふくかぜのワクチンで、無菌性髄膜炎が発生する頻度が高いことが分かり、日本では1993年に、新三種混合(MMR)ワクチンの接種が中止されました。

現在は、麻疹・風疹(MR)ワクチンを2回、定期接種することになりました。
1回目:12ヶ月~23ヶ月
2回目:小学校入学前、中学1年生、高校3年生の1年間

麻疹の予防接種の問題点

私たちは、ウイルスに罹るとそのウイルスに対する抗体ができる免疫力(身体の防衛機能)があります。
子どものころに、麻疹ウイルスに罹ると、自然感染による免疫がつく訳です。
しかし、現在は、発症人数も少なく、発症するとすぐに隔離されることから、麻疹ウイルスに自然感染する機会がなくなりました。
その結果、以前は、お母さんが自然感染による免疫を持っていました。生まれた赤ちゃんは、へその緒から十分な免疫を持って生まれてくるので、1歳児未満で麻疹ウイルスに感染することはほとんどありませんでした。

お母さんが麻疹ワクチン(予防接種)を受けた世代になり、自然に感染した免疫のように、強い免疫がないため、赤ちゃんは十分な免疫を持って生まれてくることができないためか、近年は1歳児未満でも麻疹ウイルスに罹ることがありますので、注意が必要です。

麻疹の予防接種の真実 その1

終戦直後の1947年には、年間約2万1,000人の子どもが麻疹で亡くなっています。これは、食糧不足と衛生環境の悪さによると考えられます。
その後、1955年ころから、1,000人より少なくなり、1970年ころには100人より少なくなります。

麻疹の予防接種が行われる前から、麻疹によって亡くなる方は減っているため、麻疹の患者さんが減っているのは、麻疹の予防接種の効果でないことが分かります。
しかし、1995年を境にわずかばかり増加傾向にあります。

引用元:国立感染症研究所HP

引用元:国立感染症研究所HP

引用元:国立感染症研究所HP

引用元:国立感染症研究所HP

上記の表を見ると、麻疹ワクチンの予防接種によって、麻疹が減少したと考えるよりも、日本人の栄養と衛生状態が改善され、減少したと考えられます。

麻疹の予防接種の真実 その2

1998年に、沖縄で麻疹が流行したことがります。
実は、その時に、麻疹ワクチンの予防接種率が高い米軍でも流行がありました。
このことは、麻疹ワクチンの効果について疑問を示唆しています。
また、2016年の関西国際空港での麻疹アウトブレイク(集団感染)の事例でも2回の予防接種をしている人も感染していることから、麻疹ワクチンの予防接種を2回すると感染予防になるとは言いきれないようです。
つまり、健康な人は自然感染による免疫獲得と予防接種での免疫獲得では大きな違いがると考えられます。

まとめ

「関空で、麻疹(はしか)アウトブレイク。2回予防接種の真実!」は、いかがだったでしょうか?
麻疹の恐怖を訴える傾向がありますが、今の日本においては、さほど怖い病気ではありません。
乳幼児、高齢者や抗ガン剤や免疫抑制剤を服用しているなどのハイリスク患者さん、また妊娠中の方は注意が必要ですが、冷静な判断で、麻疹の予防接種を考えたいものです。
また、麻疹(はしか)に負けない身体を作る食事法を知りたい方は、こちらもチェックして下さいね。
この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

元気の羅針盤の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元気の羅針盤の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

フォトライター紹介 フォトライター一覧

金井 進

金井 進

元気の羅針盤編集長。ホリス治療院院長。はり師、灸師(国家資格)。

1994年よりホリス治療院開業。鍼灸、カイロプラクティック、フィジカルセラピーを融合した独自の治療体系で日夜、患者さんと向き合っています。

30年にわたる鍼灸臨床のなかで培った知識と経験をもとに、あなたの困った問題を解決できるような確かな情報をお届けしたいと思っています。

あなたの喜びの声を聞くことほど、私達の仕事に“情熱”と“やりがい”を与えてくれるものはありません。
いいこと・悪いこと、どんなことでも結構です。
是非、あなたの声をお聞かせ下さい。

この人が書いた記事  記事一覧

  • ピロリ菌除菌で胃炎改善、胃がん予防!感染原因から検査、除菌法まで

  • 貧血の症状、血液検査、原因と対処法、食事対策から漢方薬の選び方まで

  • 早期乳癌で、セカンドオピニオンに聞くべき手術しない治療法のまとめ

  • 乳癌手術後のリハビリ法、自己検査法、症状、ステージ、転移と治療法

関連記事

  • 折れない心の育て方と才能を伸ばす秘密は、家づくりの間取りにあった

  • 抜け毛の悩み解消!6つの原因と抜け毛を予防する3つのお手入れ方法

  • もしかして不妊症?病院に行く前に知っておきたい5つのポイント

  • アドラー先生!子どもは、ほめて伸ばす?ほめない?どっち?

  • 知的障がい者が家庭から出て暮らす時のために家族がしておく2つのこと

  • ベジ系フェスが人気 沖縄のVeganフェスティバルとカフェ