1. TOP
  2. Food
  3. Veganというライフスタイルへシフトしたきっかけ

Veganというライフスタイルへシフトしたきっかけ

 2016/09/06 Food Lifestyle vegan/vegetarian ダイエット
この記事は約 7 分で読めます。

動物性を一切摂らない、生活に取り入れないことを意味するVegan。

食事法だけだと思うかたもいらっしゃいますが、Veganとはライフスタイル全体を指し、食事から革製品にいたるもの全ての使用をなるべく避けて生活をするひとつのライフスタイルのことです。

一方、ベジタリアン(Vegetarian)というと、お魚や乳製品を食べるか否かなど人にもよりますが、一般的にお肉を食べない人をさすことが多いです。

Sponsored Link

Veganのライフスタイルを送るきっかけとなった理由は3つ。

健康環境ある一人の女性との出会い

健康番組へのレギュラー出演

私は大学生のとき、健康番組へのレギュラー出演がきっかけとなり、健康への意識が一転。

放送された次の日にはテーマとなったその商品がスーパーから一気になくなる。
テーマの食材を試すように自分自身で人体実験をして、食事によって心身は変化し、食べたもので身体も精神も変化すると実感したきっかけとなりました。

沖縄での島生活

食生活の流れから、自然な生活をしたくて実行したのが島生活。
大学を卒業と同時に島生活を1年送りました。

魚を釣ったり、農家のかたから野菜やフルーツを安く譲ってもらったり、
理想的な自然に近い食生活を送ることができました。

オーストラリアへ

そして海外の食生活も見てみたくて、海が好きな私はそのあとオーストラリアへ渡ります。

最初はアボガドとライムの農園で働きながら毎日アボガドを食べる生活。

その農園では、牛や鶏、馬も家畜しており、彼らをお世話をしていた為、私にとってはペットのようでした。

s-瑠璃jyuice bar1

オーストラリアといえばオージービーフですが、家畜をお世話していたのもあり、夕食にビーフがでても 今日見たあの子だと思うと食べる気にはなれませんでしたが、

お肉を食べることが悪いのでもなく、どんなものでも、

自分で育て、命を戴くという感謝の気持ちをここでの生活で感じることができました。

農場で育てていたアボガドも私にとっては一層、愛おしく感じたように炎天下のなか、一つ一つ手に取って箱に詰めていく作業も、動物を育てていく作業も愛を込めていれば食事も一層美味しく、感謝に変わります。

そして職場で一人の女性 アンジーと出会います。

休憩でランチを一緒に食べる際に、ビュッフェでお肉や魚があるにも関わらずアンジーは一切 それらに手をつけません。
「Veganなのよ。」という彼女は、環境と動物のことを知ってから、口にするものが変わったと語ります。

当時 私は23歳。
ベジタリアンやVeganという存在は知っていたものの、
お肉を食べれなくなった私は変なのか?と思っていた食生活にアンジーの考え方を聞いて、終止符が打たれました。 

気がつけば、ホテルスタッフにもベジタリアンやVeganの人が何名かいましたが、
何を食べているのかなど食事の話やきっかけ話をよく聞いていました。

動物性食品を大量に生産する畜産工場の在り方とそれが環境問題へ繋がっていることに気付き、健康以外動物や環境からVeganになっている人や認知度がオーストラリアには多い
ことに気がついたのです。

オージービーフのイメージが強かったため、両極端ですが、意外にもVeganに意識があると知ったきっかけでもありました。

ここは移民の国、オーストラリア

人種も様々、宗教や思想も様々。

ベジタリアン率も高く、スーパーでもベジタリアン、Vegan、ハラル対応の商品が必ずあります。

レストランでも必ずといっていいくらい対応してくれる為、レストラン選びにも困らず、みんなと食事を楽しむことができました。

(※ハラル:イスラム教では豚、アルコールなどが禁止され、これらのものを含まないものがハラルとなります。牛、羊、鶏等は禁止はされていませんが、イスラム教の作法に沿って屠畜したもののみがハラルとなります。) s-%e7%91%a0%e7%92%83001

 

    私が 住んでいた地域ではココナッツが手に入りやすく、モーニングに食べる人も♡

そしてなんといっても、オーストラリアに住んでいて日本と大きな差を感じたことは、一人一人の環境への意識が高い人が多かったこと。

CMは洗剤を販売するものが多い日本に対し、オーストラリアでは環境問題を訴えるCMが多い。
政府が環境への取り組み、力を入れているオーストラリア。
その意識は国民にも伝わっていたと思います。

そんな意識や感覚の大きな差に違和感を感じ、次第に自分の意識も変化していきました。

地球へ還っていく一連の流れ

普通ならば、美味しそうなハンバーガーを目の前にしたとき
「美味しそう!」という感情が真っ先にくる。

でも、自分で育てた牛ちゃんならば、どのように育ち、私たちの口に入って、自分の血となり肉となり地球へ還っていくのか と食べる前にちょっと意識できるかも。

自分で育てていないし、調理もしなかったら当然 そこには愛はない。

さらには、添加物や農薬が多い食事をすれば体に入るだけでなく、それが私たちの排出物から地球に還っていきます。

そのような一連の流れを意識することがVeganというライフスタイルだと思っています。

Veganは動物性が悪いと訴えるものでもなければ、食事法だけでもない

環境を意識すると、食材から日用品、思考、生き方までも変化し、選ぶものや視点も変わる。
そして、同じような価値観の仲間と出会えたのも大きな財産です。
結果的に、身も心もとても軽やかになり、ストレスフリーに近づける最高のライフスタイルなのかもしれません。

自分が選ぶものがどのように地球へ還り、影響するかということを意識するようになってからは、生き方の視点が変わりました。

だから食材や生活に使うもの全てにおいても、選ぶものは知識があったほうがいい。

例えば、食器を洗う洗剤。
結局は海に流れ出てしまうのですから、本当に環境のことを考えるならば、使用できません。
せめて界面活性剤を使っていないものを選ぶところから始めるとか、
食材なら農薬散布がない無農薬のものを選ぶなど。
何を選び、生きていくか。選択の毎日。

そういった意味ではオーストラリアは非常に過ごしやすい国でした。

それまで私は「自分の利」のためにだけにオーガニックを選んでいたかもしれません。
そもそも「オーガニックは生態全体を意味するもの」。

地球全体の一部であるとを理解すると選択するものすべてが必然と変わってきます。
自分の健康だけでなく、「地球の健康」も考えてもらえるように生きていきたいと意識するのがVeganというライフスタイルだと感じています。

私はアンジーという女性と出会い、一つのライフスタイルを教えてくれた人物であることは間違いありません。

彼女は今、元気な可愛い女の子を産み、「You are what you eat」を楽しんでいます。

次回のテーマ
「Vegetarian/Veganに対する海外と日本の意識の違い」をお話ししたいと思います。
小野瑠璃さんの連載を読みたい方は、こちらもチェックして下さいね。 

また、Vegan(ビーガン、ヴィーガン)について知りたい方は、こちらもチェックして下さいね。
この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

元気の羅針盤の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元気の羅針盤の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

フォトライター紹介 フォトライター一覧

小野 瑠璃

小野 瑠璃

健康番組レギュラー出演とオーストラリアの移住をきっかけにVegan食中心のライフスタイルをスタート。

2004年オーストラリア、ノースクイーンズランド州でヴィーガニズムに興味を持ち、7年間生活。

趣味のスキューバダイビングと共にRaw Veganベースのライフスタイルを送る。

2011年 帰国後、拠点を東京に移し、
「Vegan Lounge Tokyo」を立ち上げ、
「贅沢は高級食材にあるのではない、新鮮なものや 身体に良いものを食べられる環境こそが贅沢」という価値を様々な視点からお店とシェアし続けています。

撮影スタジオ運営 ほか
日本とオーストラリアを中心に元気の羅針盤フォトライターとして活動。

◇Instgram◇
https://www.instagram.com/veganlounge.tokyo/

◇Home Page ◇
http://veganlounge-tokyo.strikingly.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • 京都発 Veganジェラートマエストロ 中川 信男さんが作る ナチュラル・イタリアンジェラート プレマルシェ・ジェラテリアが7/1 中目黒にオープン

  • フードロス その先に

  • 美肌に嬉しいひよこ豆のファラフェルサンドとハリッサでランチを楽しもう! Vegan cafe & Bar 【Karons】

  • ファットバスター! 罪悪感とはオサラバ!?“罪悪感ゼロ”ギルトフリースイーツ第2弾「オージーケーキ」

関連記事

  • Vegetarian/Veganに対する海外と日本の意識の違い

  • 子どもの困った行動を変えて、才能を伸ばす叱り方の3つの秘訣

  • なぜ、リオパラリンピック選手は安楽死発言したか?医療大麻の可能性

  • 療育手帳と施設やグループホームなど知的障がい者の暮らしを考える

  • ファットバスター! 罪悪感とはオサラバ!?“罪悪感ゼロ”ギルトフリースイーツ第2弾「オージーケーキ」

  • ベジ系フェスが人気 沖縄のVeganフェスティバルとカフェ