1. TOP
  2. Food
  3. まだ知らないワクワクは? in Australia

まだ知らないワクワクは? in Australia

 2017/05/25 Food Lifestyle vegan/vegetarian
この記事は約 5 分で読めます。

生きがい=簡単にいえば 生きていく上での張り合いのようなもの。

モチベーション。

出会うべくして出会った生き方。しっくりくる生き方。

ずっとずっと探していた夢のような生活は私が22歳のときに始まりました。

 

 

その地はオーストラリア。

 

日本の21倍もの面積を持つ大陸で、6つの州とその他の特別地域に区分され、それぞれの州によって乾燥、湿地帯など自然景観や個性豊かな表情も様々。

広大な大地に広がる自然や海。。自然保護や生態系保護などを徹底しているため、入国するときは他国よりも厳しい国です。

お肉、種子など生態系を壊す恐れがあるものには他国から入ってこないように厳重に管理しているため この大自然が守られています。

出典:

私は日本へ帰ってきて、是非、皆さんにオーストラリアに足を運んでほしいという思いでオーストラリア・メルボルンがテーマのカフェレストラン「LATTE GRAPHIC」さんで Vegan専門キッチンスタジオVegan Lounge Tokyoとオーストラリア&Vegan  Dinnerイベントを開催いたしました。

オーストラリア好きが集まった素敵な素敵な会。

オープンな店内の雰囲気はメルボルン。

東京にいながらにしてオーストラリアを感じられちゃうオセアニアスタイルのメニューを中心としたカフェ&レストランです。

Sponsored Link

オーストラリア メルボルンってどんな都市?

世界一住みやすいと言われる街6年連続1位。
140カ国以上の移民が住み、世界一カフェのある街としても知られています。

ここ「LATTE GRAPHIC」さんでもオーストラリアの美味しいコーヒーを淹れてくれます♡

 

オージービーフだけじゃない!ヘルシーな菜食だって楽しめるVegan料理も。

オーストラリアと言えばオージービーフでしょ!

だけではなくて、

ヘルシーに菜食も頼みたい!という方にも素敵なメニューがあります。
出典:Tesco

今回はイベントのため、Veganメニューを特別に作ってもらいました。

 ソイミートのヘルシーベジサラダ
 
Veganバーガー

動物性不使用のVegan料理。

動物性不使用?なんか味っけなさそうやん?って思った方、数名いるかもしれません。

よほど舌が麻痺していなければ答えはNoです♡

味はしっかり、食感もさることながら目で見て楽しめる食事でした。

様々な民族と文化が混合している多文化主義

オーストラリアは様々な民族と文化が混合している多文化主義です。

食も宗教も様々なため、食文化の様々なニーズも応えられるよう、メニューにもベジタリアンやグルテンフリーメニューを取り入れている飲食店が多いのが特徴です。

Cairnsにあるステーキレストラン

ガッツリステーキ屋にもみんなが楽しめるよう、Veganチョイスがあります。
(V)

そして異なる人種や文化と食の受け入れ。

私にとってオーストラリアの魅力はここにあったのだと思います。

食事をはじめ、自由な生き方の選択は多く感じられました。
仕事が終わると港沿いのハーバーでオーストラリアならではのアイスクリームがのかったアイスコーヒーを飲んだり、ワインを楽しむ。

同じお金を使っても、見る景色が違うだけでこんなに意識が変わるんだ。。

船のランチもVegチョイス♡

そんなオーストラリアのライフスタイルとVeganのお話のお知らせ

「Veganのライフスタイルとオーストラリア」@ 八王子大学セミナー

日時:2017年6月3日

開会式12:55〜

「在日オーストラリア大使館」「日・豪・ニュージーランド協会」協力の日豪合同セミナーにて、Vegan Lounge Tokyoがオーストラリアでの生活〜VeganのライフスタイルについてNPO法人ベジプロジェクトジャパンの陽子さんと共にスピーチを致します。

今年で38回目となる日豪合同セミナーは、日豪間の人間的、および文化的交流促進のため、より多くの方々にさらなるオーストラリアに対する知識を深めていく勉強会、交流会です。移民、留学、貿易から政治のことまで様々なテーマの分科会があります。

分科会のあとは夕食、ワインパーティーがあります。

(お申し込みは日豪合同セミナーが承っておりますのでこちらよりお申し込みくださいませ。)

90歳まで生きた場合、32850日。それまでにどんな体験や物に触れることができるの?

私にとって違う土地に住むことや旅は常日頃から理没している日々に気が付かせてくれて、人生を豊かなものにしてくれました。だからこそ日本の魅力は住んでいたころよりも数倍にも魅力的に感じます。

ジグソーパズルのラストピースがハマるかのような生き方がこれから先にも待っているかもしれません。

オーストラリアでの体験と日本でのVeganライフスタイルをお話し致します。

お申し込み

 

Vol.9 Vegan Journey Around the World

関連記事

Veganというライフスタイルへシフトしたきっかけ

この記事のタイトルとURLをコピーする
Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

元気の羅針盤の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

元気の羅針盤の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

フォトライター紹介 フォトライター一覧

小野 瑠璃

小野 瑠璃

健康番組レギュラー出演とオーストラリアの移住をきっかけにVegan食中心のライフスタイルをスタート。

2004年オーストラリア、ノースクイーンズランド州でヴィーガニズムに興味を持ち、7年間生活。

趣味のスキューバダイビングと共にRaw Veganベースのライフスタイルを送る。

2011年 帰国後、拠点を東京に移し、Veganライフスタイルサイト「Vegan Lounge Tokyo」を立ち上げ、Vegan専門レンタルキッチンスタジオを運営の他、Vegan Journey Around The Worldの執筆、日本とオーストラリアを中心にフォトライターとして活動。

◇Instgram◇
https://www.instagram.com/veganlounge.tokyo/

◇Home Page ◇
http://veganlounge-tokyo.strikingly.com

この人が書いた記事  記事一覧

  • フードロス その先に

  • 美肌に嬉しいひよこ豆のファラフェルサンドとハリッサでランチを楽しもう! Vegan cafe & Bar 【Karons】

  • ファットバスター! 罪悪感とはオサラバ!?“罪悪感ゼロ”ギルトフリースイーツ第2弾「オージーケーキ」

  • この美味しさはあなたの心もチョップする?!      「CRISP SALAD WORKS」広尾店が明日グランドオープン

関連記事

  • 美肌に嬉しいひよこ豆のファラフェルサンドとハリッサでランチを楽しもう! Vegan cafe & Bar 【Karons】

  • パソコンやスマホの使いすぎ!目のかすみや痛み、作業しながら解消法

  • モンスター・クレーマー対応法、5つの傾聴スキルと4タイプ別攻略法

  • Vegetarianはマイノリティー?ソーシャルミックスという生き方

  • 食品添加物!知らないと怖い?!もっとも避けたい危険なベスト5

  • Vegan(ビーガン)ダイエットで、カラダの内から美しく健康になる